就職活動で内定に繋げるには?

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

就職活動で早く内定をほしい!というのは、誰もが思うことです。

就職活動は何度か落ちて当たり前、位の気持ちで、チャレンジャーだ、という気持ちでポジティブに行いましょう。

学歴で内定がほぼ決まる、という企業もあるのかもしれないですが、最近はその方の人間性をみる、という企業が本当に多くなっています。

学歴が素晴らしくても、いざ仕事になったら、全く使えない!という方もいるからです。

その人がどのように生きてきたのか、何を経験しているのか、ということで、その方の内定も決まってくるのではないか?と思います。

スポンサーリンク

私の友人に、「部活を何年も頑張ってきた」ということが決めて担ったらしい、という内定をもらった友人がいます。

何でも、一つのことを何年も続けてきた、また厳しい練習を継続して行った、ということが決めて担ったらしい、というのですね。

また面接の際に、あなたは表情がいいね、といわれた、とも行っています。

本人は緊張していたそうですが、自分のことをいろいろと話している間に、だんだんと自信を持ってお話しすることが出来るようになっていった、といいます。

こうして人の話を聞いていると、やはり履歴書やエントリーシートをきっちり書き、自分を知ってほしい、という思いが溢れたものを提出していること。

また、面接にはきはきと答えることが出来る前向きな姿勢がある人、つまり就職活動に対してポジティブに取り組んでいる、という方が有効なようですね。

内定がもらえるかどうか、というのは、相手の企業とあなたの相性、と言うものもあります。

落ちてしまったら、それまで。

次に内定につなげるにはどうすればいいのか、という対策をたてていきましょう。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク