薬剤師のための就職活動事情

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

薬剤師の就職活動というと、医療分野の研究開発、病院薬剤師、地方公務員、国家公務員、ドラッグストアの製剤師、様々な分野になると思います。

まずは、その就職先による現状や違いをはっきり理解しておく必要がある、と思います。

最近は薬剤師の就職活動も、薬を扱う、というもの以外に、MR職や研究開発、という方に魅力を感じる、という方が多くなっているようです。

最近では、医薬分業が急速に進んだために、定期的に薬剤師の採用がある、ということではなく、薬局やドラッグストアでも欠員があると募集する、という感じになっているという現状があります。

スポンサーリンク

また病棟業務に就く薬剤師の方の多くは、修士課程修了者が多く、これから先は、6年生課程修了者に対して、募集を行う、ということになりそうです。

薬剤師の就職を探す、という場合には、インターネットで医療分野の職業を紹介しているサイトを探す、ということも一つの手になります。

医療系の分野でも、病院の調剤やドラッグストア、というよりも、医薬品会社や研究開発を行っているところなどの就職が多くなっているようです。

ネットの就職、転職サイトや、ハローワーク、また役場によって薬剤師を募集する、ということがあります。

公立、都立、県立、といった公立病院の薬剤師の募集、というものがあるからです。

ですから、こういった役場の公報などにも目を通しておくといいでしょう。

関連記事(一部広告含む):