フリーターの就職活動は不利?

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

これははっきりいって不利といえます。

フリーターでも例えば、いくつかの転職をしても、同じ職種で何かを追求して転職を繰り返していた、というのは別として、仕事をやめてはまた就職し、ということを繰り返す、というのは、企業にとっていい印象は与えないでしょう。

若い方にフリーターが多く、しっかりとした就職活動をせず、そのままフリーターになった、という方もいます。

こういった方は、「真面目な方」とはとらえてもらえない、というのが実際の就職です。

スポンサーリンク

飲食店のバイト、コンビニのバイト、こういったアルバイトを転々としているという履歴書では、企業においても、よほど人材不足という企業でない限り、雇用しよう、という気にはならないでしょう。

企業というのは、真面目に長く勤めてくれる、という方を求めるのが、一般的ですから。

今フリーターである、という方は、出来るだけ今のうちに資格などを取得し、自分のスキルを上げておくことです。

面接の際には、このフリーターの期間について、また仕事をよくかえているね、ということを言われると思います。

そういったときには、資格を取得して、きちっとした企業に就職したかった、とか、家の都合で時間の調整が必要だった、とか、意味のある説明をしましょう。

間違っても、「正社員とか面倒だから」とか「会社に縛られるのがいやだった」という発現をしてはいけませんよ。

フリーターは、たくさんの仕事を経験し、たくさんの方とコミュニケーションをとってきたということがいえると思います。

これも、就職活動において必要なことです。多くの方と係わり合い、コミュニケーションをとる、ということを学んだ、ということも、面接の際にはアピールしてみましょう。

ただ、フリーターだった、という事実は、就職活動に不利だ、ということは現実に大きくあると思います。

こんな記事も読まれています: