ご縁がありますように「5円玉」

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

5円玉は『御縁』があると言われ、縁起が良いとされています。

神社などの縁結びのお守りで、5円玉に赤い紐が結ばれたものも見たことがあるでしょう。

ご縁というのは縁談など、男女の縁のことをよく言います。

しかし、縁とはそれだけではありません。

人と人との繋がりも縁ですし、人と物の繋がりも縁です。

スポンサーリンク

あなたが見ているパソコンや携帯電話とだって縁があるのです。

そもそも縁起という言葉は、仏教の因縁生起という言葉からきています。

因とは結果を生起させる、起こさせる直接的な原因を表し、縁とはそれ以外の外的な要因を表しています。

つまり世の中は因縁でできているのです。

あらゆる物事はお互いに影響を与え合い、複雑に絡み合いながらこの世はできているのだ、ということです。

これは仏教の根幹にある考えの一つなのです。

つまり縁というのはとても大事で、良いご縁があれば、それが良い結果を招いてくれるのです。

あらゆる存在は関係しあっているのですから。

ちなみに、そういったことからお賽銭では5円玉が多く見られるのだそうです。

他には15円で『十分ご縁がありますように』、45円で『始終ご縁がありますように』、55円で『重ね重ねご縁がありますように』と祈る人もいるのだとか。

また、500円玉で『百回のご縁がありますように』、五千円札で『千回のご縁がありますように』というのもあるのだそうです。

そう考えると100円だって20回のご縁が、1000円だって200回のご縁があるので、いくらでもいいように思えてきますが。

お賽銭をあげる際は、良いご縁を祈ってみてください。

こんな記事も読まれています: