趣味、特技欄の書き方

趣味や特技は、たくさんあっても書き方に注意しなくてはいけません。

かと言って、箇条書にするのも考え物です。

ここの欄では、幅広い人間性を持つ健全な社会人を演出できるように記載して下さい。

単に読書、映画・音楽鑑賞等と書くのではなく、具体的に記載する事で、担当者に人となりをアピールできる事になるのです。 続きを読む 趣味、特技欄の書き方

職務経歴書の理想的な記載方法

職歴の理想的な記載方法についてお教えしましょう。

職歴は、学歴を記入した行より1行空けて、次の行の中央に「職歴」と明記し年代順に記載していきます。

採用担当者が最も重視する欄とお考え下さい。

自己のキャリアをしっかりアピールする為には、職務経歴書があるからといってあまりに簡略な記載をしてはいけません。

応募先にアピールできるキャリアはしっかりと記載します。 続きを読む 職務経歴書の理想的な記載方法

履歴書・免許・資格欄の書き方

免許・資格欄の書き方の順番は、1:免許、2:資格欄、3:取得年月日となります。

全てを記載するのが必ずしも良いとは限りませんので、「応募先の業種に関連のあるもの」や「難易度の高いもの」を選んで記載するのが最良と云えます。

また、「汎用性の高い自動車運転免許」と「英語の資格」「パソコン関係の資格」は記載して下さい。 続きを読む 履歴書・免許・資格欄の書き方

職務経歴書で注意する事

職務経歴書を添付するにあたり、注意する事をお教えします。

まず、職務経歴書の形式や用紙のサイズは、履歴書に合わせて下さい。

一般的には、B5かA4サイズを使用します。

・色は白で、無地の用紙を使用して下さい。※色柄はいけません。

・記入の仕方は横書きにして下さい。パソコンで、ワードやエクセル等を利用して作成しても構いませ ん。もちろん、手書きでも問題はありませんが、パソコンで作成する方が好印象を与えます。 続きを読む 職務経歴書で注意する事

履歴書の選び方

転職する際、履歴書は必須アイテムですよね。

まず希望の会社をさがす。

次に、履歴書を送付して面接日の連絡がくるのが一般的な流れです。

では、送付するのは履歴書だけで良いのでしょうか?いいえ、違います。

履歴書と共に職務経歴書、添え状の3つの書類を応募先に送付するのが理想的です。 続きを読む 履歴書の選び方

履歴書の書き方・ポイント

履歴書は、採用担当者に面接に来てもらいたいと思わせる勝負のかかっている書類です。

採用担当者は、履歴書で応募者の大枠を把握し、最終的には職務経歴書で実績や経験を見て面接に呼ぶかどうか判断するのが一般的です。

応募先に利益を与える意欲的な人材である事をアピールできる実績や経歴を、わかりやすく整理して記載する事が要求されます。

また、就職後4年程度経っている者の場合は、即戦力として使えるかどうかも判断材料の一つとなります。

履歴書の氏名・住所欄記入のポイントをお話しましょう。 続きを読む 履歴書の書き方・ポイント

みんなの願い事