ハローワークの賢い利用法

多くの人がハローワークに『仕事を辞めてから失業保険を貰いに行くところ』という印象を持っているかと思います。

確かにそれは間違ってはいません。

退職後、ハローワークに行って失業保険を受給することができます。

しかし、それはハローワークの一つの側面にしか過ぎません。 続きを読む ハローワークの賢い利用法

女性の転職!派遣社員の福利厚生

今、格差社会が問題になっています。

この「格差社会」の是正で、アルバイトやパートタイマー、派遣社員などの待遇面が見直されてきています。

平成16年の改正派遣法で「派遣元事業主・派遣先が講ずべき措置等」として「派遣労働者の福利厚生等に係る均衡配慮」という項目が定められました。 続きを読む 女性の転職!派遣社員の福利厚生

女性の転職!人材紹介会社を利用する

働く女性が増えました。アルバイト、パートタイマーに加え、派遣社員と選択肢は広がっています。

インターネットを使えば、気軽に自分の気に入った条件で転職先を探すことができ、気になる業界について調べることができます。

職業安定所に出向いて探すよりも効率がいいと言えましょう。

しかし、逆に選択肢が広すぎて、どれを選べばいいのかわからないということがありますよね? 続きを読む 女性の転職!人材紹介会社を利用する

医者になりたいという女性

医師国家試験の受験者数が減少する中、女性の合格者の比率が伸びています。

男女比は診療科目によって差が出ると思いますが、外科とか内科は男性医師で占められるとしても、婦人科、産科、小児科などは、女性医師に診ていただいたほうが、女性としては相談しやすいような気がします。

女性だからこそ気づけることというのもあるでしょうし。

女性の社会進出で、「女が医者をするなんて」などという偏見はなくなりつつありますが、依然として「妊娠・出産・育児」という女性特有の役割が、仕事を続ける上での壁になっています。 続きを読む 医者になりたいという女性

既婚女性の転職事情

結婚後、何年も職場を離れていた既婚女性の転職は、ブランクがあるので容易ではないかと思われます。

この場合は、いきなり正社員で働くのではなく、パートやアルバイトで勤めるなど、最初は働くことに慣れることを考えたほうがよいかもしれません。

採用する企業側が気にするのは、長期間のブランクによる、「家の中にいることに慣れてしまって、職場の雰囲気や仕事のスピードになじめないのではないか?」といったことです。 続きを読む 既婚女性の転職事情

結婚して子育てもひと段落ついて、職場復帰したいと考える40代女性は多いです。

しかし、求人情報誌の募集年齢には20~35歳ぐらいまでが多く、40代ともなると、求人数はぐっと減ってしまいます。

平成19年の10月から、「雇用対策法」が改正されて、事業主は労働者の募集及び採用について、年齢に関わりなく均等な機会を与えなければならないこととされ、年齢制限の禁止が義務化されました。 続きを読む

みんなの願い事