ご先祖様に願い事はしない

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

お墓や仏壇に手を合わせるとき、何を思っていますか?

基本的には、『ご先祖様が安らかでいられるように』という思いを込めて手を合わせます。

しかし、中には願い事をする人もいます。

初詣などと勘違いをしているのでしょうか?

当然ながら、お墓や仏壇は願い事をするところではありません。

そこに祀られているのは、仏様になったとは言え、元々は普通の人です。

願いを叶える力なんてあるはずもありません。

あなたが亡くなった後、子孫に願い事をされて、叶えてあげられると思いますか?

スポンサーリンク

亡くなったからと言って、神様にはなれないのです。

また、亡くなったら静かに安らかに過ごしたいと思うものです。

それなのに願い事なんてされたら、心を乱してしまうでしょう。

叶えられなくても可愛い子孫の頼み、どうにかしたいと思ってくれるでしょうから。

願い事をするのは供養にはなりません。

それは寺社などで祈祷することです。

お墓や仏壇では、先祖の冥福を祈り、感謝の気持ちで手を合わせます。

近況報告などもいいでしょう。

『見守っていてね』これぐらいのお願いなら構いません。

日常生活でも、ご先祖様に心配をかけない、安心してもらえるような健全な生活を心掛けてください。

きっとご先祖様は天国から見ていてくれていますから。

こんな記事も読まれています: