お墓を継ぐ人がいなければ永代供養してもらう

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

近年、永代供養というお墓の供養と管理が注目を集めています。

お墓の供養をお寺が永遠に行ってくれる、というものです。

今は自分がお墓を守っていても、継ぐ人がいない場合、誰に任せたらいいか困るでしょう。

誰も継がなければ、無縁仏になってしまいます。

そうならないよう、自分が亡き後は永代供養をお願いする人が多くなっているのです。

また、子供がいても娘しかいなかったり、迷惑を掛けたくない、お墓が遠い、などの理由でも永代供養を願う人が増えています。

永代供養をお願いすると、お彼岸やお盆などに、合同供養を行ってくれます。

スポンサーリンク

お墓は合同のものが多く、納骨も合祀と言われるもので土に帰されます。

今、お墓の中に祀られているご先祖も皆、自然に帰るのです。

それこそが、供養のようにも思えますよね。

お墓参りをする際も、特定のお墓ではなく、そのお寺に参拝すればいいのです。

永代供養料や納骨法要のお布施など、お寺によってかかる料金は違います。

まとめて10万円から100万円ぐらいまでと、差があります。

ただし、未来に渡ってずっと供養をしてくれるのですから、決して高いものでもないでしょう。

『自分の代で絶えたら、ご先祖様に申し訳ない』というような悩みを抱えなくても済むのです。

先祖供養を考えるなら、永代供養も選択肢の一つではないでしょうか。

こんな記事も読まれています: