法事はその日じゃないとダメ?

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

故人が亡くなってから、四十九日や一周忌などで、法事を行います。

しかし、皆が必ず集まれるとは限りません。

平日ともなれば、来られない人の方が多いでしょう。

仕事や学校などあるでしょうから。

都合が合わせられればそれに越したことはないのですが、難しければ少しずらしても構わないことになっています。

ただ、ずらすにしても前倒しするようにしましょう。

後ろにずらすのは避けてください。

今では多くの人が、土日に法事を行うようになっています。

そのため、お坊さんも土日が忙しく、その都合でずらさなくてはいけない場合もあります。

スポンサーリンク

そうならないよう、なるべく前もってお坊さんにお願いしておきましょう。

祖母の十三回忌と祖父の十七回忌が同じ年にあるような場合、まとめて執り行っても大丈夫です。

それどころか、二年ぐらいならまとめて行っても構いません。

ただし、三回忌までは大事なものとされているので、それまではまとめずに行います。

法事もちゃんと行おうとすれば、少なからず負担になります。

それはご先祖も良しとはしないでしょう。

少しぐらい楽させてもらっても、バチは当たらないはず。

もちろん、ちゃんと気持ちを込めて法事は行います。

日程を守ることよりも、先祖を敬うこと、忘れないことが大事なのです。

こんな記事も読まれています: