先祖供養に良い日ってある?

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

先祖供養を行う際、日程を気にしますか?

お墓参りだけなら、それほど気にしないでしょう。

お彼岸やお盆、命日などは日を選びません。

大体、決まった日に行います。

しかし、法事だと日を気にする人も結構います。

日とは、六曜のことです。

『この日は仏滅だからやめておこう』

『やっぱり友引に法事はないよね』

そんな風に考えてしまって、なかなか日を決められなかったりもします。

スポンサーリンク

法事を行うのは、どの日がいいのでしょうか?

実は、どの日でも構わないのです。

六曜は仏教と関係あると思っている人が多いようですが、全く関係ありません。

お寺などで配っているカレンダーには、どの宗派であっても六曜の表記はないはずです。

お坊さんとしても特に気にしていないので、仏滅でも大安でも引き受けてくれるでしょう。

ただし、法事はまだしも、お葬式は六曜を気にする人がまだいるのも事実です。

友引は敬遠される傾向があるので、出席者の気持ちを考えて、違う日にした方がいいかもしれません。

中には、友引は休みの火葬場もあるぐらいですから。

法事は亡くなった人のために行うものです。

ご先祖様のことを考えて、六曜はあまり気にせず先祖供養を行いましょう。

こんな記事も読まれています: