先祖供養は何を着ていけばいい?

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

先祖供養を行う際、何を着ていけばいいのか、悩む人もいるでしょう。

先祖供養がお墓参りだけなら、特に何を着ていっても構いません。

ただし、お墓に行くのですから、ある程度はちゃんとした格好にしましょう。

あまりに派手な服や、ドレスなどは当然ですが控えます。

別にカジュアルでも構いませんが、常識ある範囲にしてください。

お墓がお寺にあるようなら、お坊さんに挨拶したり、参拝したりもするでしょう。

そのときに、恥ずかしくない格好にします。

お墓参りだけならそこまでこだわらなくても大丈夫ですが、法事があるとそうもいきません。

スポンサーリンク

家族が亡くなった場合の法事なら、三回忌までは喪服を着ます。

七回忌以降は喪服でなくても構いません。

ダークスーツなどで執り行います。

遺族でなくても、一回忌までの法事に出席する際は、喪服を着るようにしましょう。

三回忌以降は、ダークスーツなどで出席します。

もちろん、地域によっても服装の決まりは様々です。

わからなければ、その土地の人に聞くようにしてください。

家族だけで執り行うだけなら、出席する人たちで決めて、平服にしても構いません。

基本的に大事なことは、故人や先祖を敬う気持ちです。

その気持ちをまず大事にして、失礼のない服装で供養するようにしましょう。

こんな記事も読まれています: