お稲荷さんで願掛けをする

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

『お稲荷さん』と呼ばれる神社があります。

これは伏見稲荷大社を総本山とする稲荷神社のことで、全国各地に約三万社あると言われています。

稲荷神社は、元々は五穀豊穣を願う神でした。

そのため、全国各地に作られるようになりました。

そしてこの稲荷神社の象徴が、朱い鳥居と神の使いの狐です。

多くの稲荷神社には狛犬の代わりに、狐の像が参道脇に鎮座しています。

狐は本来は神の使いとされていました。

しかし、その狐を神と勘違いした人もいて、崇められるようになったのです。

スポンサーリンク

中には、直接、神の使いであるはずの狐だけを祀っている神社もあります。

狐には油揚げをあげて、願い事を祈願します。

そうすれば五穀豊穣だけではなく、あらゆる願い事が叶う、と言われていました。

そのようなこともあり、稲荷神社が増えていったのです。

ただし、本来は神の使いである狐です。

信じれば応えてくれるが、裏切ると呪われるとまで言われています。

願掛けをして願いが叶ったら、必ずお礼に行くようにしてください。

足が遠のくのもいけません。

定期的に油揚げを持って行きましょう。

神様のような慈悲深さは、残念ながら持っていないようです。

お稲荷さんに願掛けする際には、覚悟して行くようにしてください。

関連記事(一部広告含む):