願いに合ったお守りで願掛けをする

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

願掛けのアイテムで、最も一般的なものは、お守りでしょう。

お守りは多くの寺社で扱っています。

学業、恋愛、交通安全、家庭円満、金運など、様々なお守りがあります。

初詣で自分に合ったお守りを授かる、という人も多いでしょう。

各寺社に祀られている神様は、様々です。

学業の神様や、縁結びの神様、五穀豊穣の神様、病気平癒の神様など、日本には多くの神様がいるのです。

祀られている神様によって、発揮する効力も変わってきます。

どんな願い事でも、それに合った神様がいるので、その神様が祀られている寺社に願掛けに訪れましょう。

スポンサーリンク

そして参拝し、お守りを授かるのです。

お守りは常に身に付けておけば、その力を発揮してくれます。

お守りの効力は、一般的には一年です。

授かって一年経ったら、納めるようにしましょう。

よく言われるのが、『中身を見ると効力が消える』『多くのお守りを持つと、神様が喧嘩してしまって効かなくなる』というものです。

ただ、どちらも俗説で、決してそんなことはありません。

日本の神様は寛容なので、問題はないでしょう。

ただし、信じるということが重要です。

気になるようなら中身を決して見ず、お守りは厳選した一つにします。

信じる心が、効力をもたらしてくれるはずです。

お守りに願いを込めるのです。

関連記事(一部広告含む):