だるまに目を入れて願掛けをする

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

選挙などでよく見かけるのがだるまの置物です。

選挙事務所などには必ずあるでしょう。

これも願掛けの一つです。

一般的には赤いだるまの張子で、目が白くなっています。

その片目に願いを掛けて黒目を書き入れます。

そして願いが叶ったとき、もう片方の黒目を書き入れるというものです。

元々だるまは仏教の禅宗開祖の達磨法師を模したものです。

それが今では宗派に囚われず、一般的に広まっています。

スポンサーリンク

通常、左目から先に入れます。

片目を入れることで、命が吹き込まれるのです。

これは密教の『阿吽』という言葉から来ていると言われています。

『阿』というのは全ての始まりを、『吽』は終わりを差します。

だるまの左目が『阿』を、右目が『吽』を示しているのだそうです。

中には白目の中に黒い丸ではなく、それぞれの文字の梵字を書き入れる地方もあるぐらいです。

左目に黒目を入れて願い始め、叶えば右目に黒目を入れて終える、ということなのです。

ただし、正確に決まっているというわけではなく、選挙では右目から入れるのが多いようです。

願いが叶ったら両目を入れて、だるまを授かったところに奉納しましょう。

また、だるまの効能期限は、基本的には一年です。

一年経って願いが叶わなければ、奉納し、再度授かって命を吹き込みます。

だるまの両目を入れて奉納できるよう、願いを掛けるのです。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク