清水の舞台から飛び降りて願掛けをする

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

『清水の舞台から飛び降りる』ということわざを聞いたこともあるでしょう。

清水の舞台から飛び降りるぐらいの覚悟で物事に取り組む、という意味です。

清水寺に行ったことのある人なら想像できると思いますが、清水寺の本堂からせり出した舞台は、京都市が一望できます。

4階建てのビルの高さに相当し、下を覗けば結構な高さです。

『ここから飛び降りるなんて……』と足がすくむでしょう。

しかし、実際に飛び降りる人がいました。

と言うより、江戸時代に流行したのです、清水の舞台から飛び降りるのが。

スポンサーリンク

記録では江戸時代から明治時代にかけて、のべ235人もの人が飛び降りています。

ただし、これは・・実は、願掛けだったのです。

清水の観音様に一心に祈り、願いを掛けて清水の舞台から飛び降りて助かれば願いが叶う、と言われていたのです。

そう庶民に信仰され、明治時代に禁止されるまで、多くの人が飛び降りました。

実際に命を落とす人もいましたが、85%が助かったのだそうで、意外と高い生存率ですよね。

観音様が助けてくれたのかもしれません。

ただ、本当に願い事が叶ったのかどうかは、残っていないので不明です。

命があれば叶っていた願いもあったかもしれません。

実際に飛び降りて救われなければ元も子もないので、あくまでも飛び降りるつもりで、願いを掛けるようにしましょう。

飛び降りなくても、清水寺は十分な願掛けスポットなのですから。

関連記事(一部広告含む):