深い緑に覆われた神秘の島!屋久島

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

鹿児島県の南にある島、屋久島。

世界遺産にも登録されていて、知らない人はあまりいないでしょう。

その中でも最も有名なのは屋久杉です。

屋久杉とは、屋久島の中で自生する杉の木の中でも樹齢1000年を超えたものを称し、その中には4000年を超えたものまであると言われています。

杉の木は一般的には樹齢が500年程度と言われていますから、随分と長生きな杉です。

よくテレビなどでも映る屋久杉は縄文杉と呼ばれていて、縄文時代から生えているということからその名がつきました。

実際に縄文時代から生えているのかは不明ですが、3000年以上はその地に根を下ろしているのだそうです。

スポンサーリンク

縄文杉には保護のために直接触れることはできません。

しかし、その巨大な姿は、離れて見ても力を感じられます。

ちなみに、遠くから見られる場所に行くだけでも8時間ほど登山しなくてはなりません。

屋久島は、その土地のほとんどが山地のためです。

車やバスなどもありますが、通れないところも多く、登山する覚悟が必要です。

開発されていない屋久島は、それだけ本来の地球に近い存在と言えるでしょう。

大地や森、川などの自然が存分に感じられます。

木や大地に触れれば、そこから感じるものもあるはずです。

木々は鬱蒼と茂り、川はとめどなく流れ、雨が日々降り注ぎます(月に35日雨が降ると言われるほど、雨の日が多いです)。

そんな中、動物たちは生きています。

もちろん、私たち人間も。

屋久島の力は、私たちの力を増強させてくれる類のものです。

ですので、パワーがあるときに行ってみましょう。

そうすればパワースポットの力の効果があるはずです。

関連記事(一部広告含む):