誕生日ケーキのロウソクの意味

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

誕生日には、ケーキに歳の数だけロウソクを灯します。

そしてハッピーバースデーの歌を歌って、一気に吹き消します。

幾つになっても嬉しい瞬間ですよね。

このロウソクの意味をご存知でしょうか?

ギリシャ神話の中に、アルテミスという月の女神がいます。

古代ギリシャでは、人々がアルテミスの誕生日に円形のケーキの周りにロウソクを灯して祝っていました。

ロウソクの灯を月に見立てたのです。

そしてそのロウソクの煙が、天の神々へ願いを届けてくれるとされていました。

スポンサーリンク

この風習は一時期廃れますが、中世ドイツでまた復活します。

当時ドイツでは、子供は悪魔に付け込まれやすいと思われていました。

そのため、誕生日には一日中キャンドルを灯して悪魔から守り、神様に願い事をしていたのです。

その灯は夜に消され、皆でケーキを食べました。

このときのロウソクの数は、年齢+1本を灯していました。

この1本は生命の灯火なのだそうです。

それらが時を経て、現在の習慣になったのです。

ロウソクを一気に吹き消すことができれば、願いが叶うと言われています。

その際、願い事は口に出さずに、心の中で願いながら吹き消してください。

きっとその煙が、神様に願いを届けてくれるはずです。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク