ネクタイの色で印象を変える

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

リクルートスーツでは、ネクタイの色は抑え目が多いです。

就職活動のとき、ネクタイは全く印象が残らないぐらいが良い、とも言われます。

それだけリクルートスーツに溶け込んだものが良いのだそうです。

紺のスーツに紺のネクタイであれば、ネクタイはスーツに溶け込み、あまり印象に残らないでしょう。

それも悪くないのですが、ネクタイの色で相手に与える印象も変わってきます。

スポンサーリンク

赤は情熱的な色で、積極性ややる気があるように見られます。

青はクールで、何事にも動じない冷静さや知的さを印象付けます。

黄色は明るくフレッシュな色で、顔も映え、個性的な面を見せられます。

ピンクは柔らかい色で、女性受けが良くなる色です。

黒や灰色は落ち着いた色で、大人っぽい雰囲気が出るでしょう。

そのように、ネクタイの色でも違う印象を与えます。

体育会系の会社なら赤、事務系の仕事がメインなら青、ファッション業界なら黄色、というように、会社や相手によって変えるのもいいかもしれません。

もちろん、スーツやワイシャツとの相性にもよって変わってきます。

相手に自分がどう思われたいか。

それを考えてネクタイを選んでみましょう。

こんな記事も読まれています: