今までやってきた問題集をお守りに

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

単語帳や問題集。

手垢が付いたりしてボロボロになったものが一冊はあるはずです。

受験が近くなってくると、今までの問題集だけじゃ不安になってきます。

本当にこの勉強法で合っていたのだろうか?

今からでも間に合う他の参考書があるんじゃないか?

そんなことを思って焦ってきます。

しかし、直前に新たなことをやっても身に付きません。

スポンサーリンク

それが逆に戸惑いを呼び、不安をより大きくしてしまいます。

受験が近くなってきたら、新たな問題集や勉強法に手を出すのは止めた方が賢明です。

どうせ身に付きません。

それよりも、今までやってきた問題集を手に取りましょう。

そこに書き込まれた自分の文字。

何度も読んだページ。

新しいことを覚えようとするのではなく、今まで覚えてきたことを確認するのです。

うろ覚えだったところは記憶に定着するでしょう。

そして、それらを確認することで、今までやってきたことに自信が持てるはずです。

勉強してきた日々も思い起こせます。

その日々の積み重ねは、決して裏切りません。

信じましょう。

受験当日にもその参考書を持参すれば、落ち着いて臨むことができるはずです。

今までのあなたの努力を知っている参考書。

それはあなたにとってはお守りのようなものなのですから。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク