赤い紐で繋がる川越氷川神社の結婚式

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

今では結婚式と言えば、チャペルでの洋風の結婚式が主流になっています。

和の結婚式、神前式を行えるところも、チャペルに比べると少なくなりました。

埼玉県川越に川越総鎮守の氷川神社があります。

この神社に祀られているのは、二組の夫婦神と出雲大社にも祀られている大国主命です。

そのため、縁結びにご利益があります。

多くの良縁を求める人が祈願に訪れ、お守りも人気があります。

スポンサーリンク

そしてそれ以上に人気のあるのが、神前式です。

氷川神社の境内は厳かで、落ち着いた雰囲気です。

夜になると灯篭に火が灯り、より厳粛な空気に身が引き締まるでしょう。

そんな中で、神前式が行えるのです。

神前式の中に『結い紐の儀』という儀式があります。

この『結い紐の儀』とは、神前式の中で、お互いが相手の小指に赤い紐を結び合うものです。

これにより二人の絆は決して離れることのないものになり、添い遂げることを誓います。

和装で指輪の交換をするのは少し違和感がありますが、赤い紐だとしっくりきますよね。

白い和装に赤い紐が映え、そのシーンは忘れられない一生のものになるでしょう。

そして、赤い紐が二人の仲をずっと繋いでくれるはずです。

縁結びの赤い紐なのです。

関連記事(一部広告含む):