男女の縁を結ぶ運命の赤い糸

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

男女の縁を結ぶとされているのが、『運命の赤い糸』です。

自分の小指から、誰か異性の小指へと繋がっているとされる赤い糸。

どこかにその糸が繋がっている人がいて、そのうち出会うはず。

そう信じている人も少なからずいるでしょう。

赤い糸の話は、中国の古い逸話が元になっています。

月下老人という結婚や縁結びの神がいました。

スポンサーリンク

その神は、冥界で婚姻が決まると、その男女の足に赤い縄を結びに行くのです。

縄はどんなことがあっても切れることなく、二人は必ず結ばれるのだそうです。

その赤縄の話は日本に伝わり、足首が手の小指に、赤い縄が赤い糸に変わって定着したのです。

夏目漱石や太宰治が赤い縄を自分なりにアレンジして、それが定着したという説もあります。

赤い縄よりも、赤い糸が誰かの小指から自分の小指に繋がっている、という方がロマンチックですよね。

運命の赤い糸を信じますか?

もちろん、いくら目を凝らしても赤い糸なんて見えません。

ただ、運命の人というのは必ずいるはずです。

様々な偶然や必然が重なって、多くの人の中から誰かと結婚するのです。

それは間違いなく運命の人でしょう。

時には間違えることもあるかもしれませんけれど。

赤い糸で繋がっているかはわかりませんが、縁が繋がっていることは確かです。

それが目に見えない赤い糸であっても、何ら不思議ではないのです。

どこかにいる運命の赤い糸で繋がっている人。

あなたは見つけられるでしょうか。

関連記事(一部広告含む):