開運招福!祈願倶楽部

開運を願う、みんなの祈願館

※PICK UP カテゴリ ⇒ 願掛け

‘ニッポンのお正月’ Category

12月はなぜ忙しいのか?

毎年、12月になるとマスコミだとか街の雰囲気だとか、そういった周囲的状況がやたらとクリスマスケーキだの御節料理だの海外旅行だのと騒ぐものだからどうしても気分が忙しなくなります。 もっとも、これは現代に限ったことではなく古 […]

正月の行事や風習はこんなにある

年の瀬から松の内まで、正月に行う風習やイベントをピックアップしてみました。 ■大掃除:歳神様を迎えるための清めの行事です。 ■門松:歳神様がやってくる際の目印です。注連縄もほぼ同じ意味ですね。 ■鏡餅:歳神様が家にやって […]

正月を由緒正しく過ごすなら歳神様の理解から

前項のように正月の風習・イベントは数多くありますが、それらのほとんどは「歳神様」につながっています。 まずは、この歳神様を理解することで本当の正月の過ごし方ができるでしょう。 古来、一神教や仏教が布教される以前、神様は土 […]

門松はいつ飾る?

では、歳神様を迎えるための年内行事から説明していきましょう。 まずは門松からです。 歳神様は遠慮深い(あるいは方向音痴?)のか、目印がないと訪れてくれません。 この目印が門松になります。 したがって年が明けてから飾っても […]

門松の竹の話は三方ヶ原の戦いから

門松の中央に竹を配置するという由来は定かではありません。 実際、現在でも神社が配る簡易版は若松に紅白や金銀の水引を蝶結びにした、竹を配置していない門松もあり、必ず竹を入れなければいけないというものでもありません。 門松の […]

門松の竹を斜めに切ることの始まり

家康が奇襲を用いて鶴翼の陣で攻めようとしたところ、それを予想していた武田信玄は魚鱗の陣で対抗、武田側わずか200名の死傷者に対して徳川側は2000人を超え、徳川家康は討ち死に寸前まで追い込まれながらも浜松城に逃げ込みます […]

鏡餅は歳神様の依代なので応接間に飾りましょう

門松の次は歳神様の依代、つまり正月の間は居場所となる鏡餅です。 飾り方は地方によって異なりますが、基本は大小2つの丸餅と橙(だいだい)、それから干し柿を串に刺した串柿となります。 この形は日本神話における三種の神器を表し […]

歳神様に振る舞う祝儀料理

歳神様を迎える準備ができたら、自分たちの正月を迎える準備です。 まずは御節(おせち)料理。 御節料理は本来、正月だけのものではなく中国から伝わった五節供の祝儀料理が庶民の間に広まったもので、五節供の中でもっとも重要とされ […]

語呂合わせ満載の御節料理その1

御節料理の基本構成は祝い肴三種に焼き肴、酢の物、煮物(煮染めとも言います)です。 これらの祝儀料理は例によって日本伝統の語呂合わせから素材や料理が決められています。 では、代表的な例からご紹介しましょう。 ■祝い肴三種 […]