玉の輿に乗るため知性をアピールするラブレター

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

玉の輿に乗るためには、中身も大事です。

性格の良さや相性などもですが、知性も必要になってきます。

頭が空っぽだと、それに見合った男性しか寄ってきません。

そのような人は、きっとお金持ちではないでしょう。

ただ知性と言っても、勉強ができればいいというわけでもなく、今から受験勉強のようなことをしたって意味がありません。

会話が広がるような広い知識と、表現力。

それだけで知性があるように思えてきます。

スポンサーリンク

では知性をアピールするには、どうしたらいいでしょう?

ラブレターなんかはどうでしょうか?

最近はメールの方が圧倒的に多く、手紙を書くことも少なくなりました。

しかし、メールでは伝わらず、手紙だからこそ伝わることもあるはずです。

思いを込めた文字は、相手の心に響くのです。

もちろん、文才や、文字の綺麗さなども必要になってきます。

京都にある随心院。

ここは小野小町のゆかりのお寺です。

小野小町はこの地の出身で、晩年をここで過ごしたと言われています。

小町が貰った千通もの恋文を埋めてあるとされる文塚や、恋文を下張りして作ったという文張地蔵などがあります。

小野小町は六歌仙の一人で、恋の歌などを書いていました。

そのことから、随心院に参拝すると、恋文が上達し、恋愛成就にご利益があるとされているのです。

こちらでは小野小町の便箋セットも販売しています。

小野小町の力を借りて、相手の心に響くラブレターを書きましょう。

関連記事(一部広告含む):