誰かが損するのではなく皆が幸せな商売繁盛

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

商売は買う人がお金を払い、売る人がお金を貰います。

お金だけで言えば、儲かるのは売る側です。

では、売る側だけが儲かればいいのでしょうか?

それでは極端な話、売る側はお客さんを騙してでも力ずくでも買わせればいい、ということになります。

そのようなやり方では、そのときは儲かっても、続くはずがありません。

商売の基本は、誰もが得をするということです。

売る側は何かを売って儲けを出す。

買う側はお金を払って、欲しいものを買うのです。

スポンサーリンク

高い金額だって、それによって何かを得て幸せになれるから払うわけです。

売る方も買う方も、どちらも幸せに思えるのが商売の理想です。

自分のことだけを考えていれば、商売繁盛には繋がらないでしょう。

商売人はものやサービスを提供するだけではありません。

笑顔も提供するのです。

相手を幸せにすることで、自分も幸せになれます。

皆が得をする、皆が幸せになれる商売が、繁盛に繋がるのです。

商売繁盛を考えるなら、どうすればお客さんに幸せを提供できるかを考えましょう。

買う方も売る方も笑顔なら、商売は繁盛するはずですから。

関連記事(一部広告含む):