覚えやすい電話番号で商売繁盛

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

商売で最も大事なものの一つは、電話です。

お客さんからの問い合わせの電話。

取引先からの電話。

メールやインターネットが普及した今でも、やはり電話は大事なツールです。

様々なやり取りに欠かせません。

その中でも最も重要なのは、お客さんからの電話でしょう。

お店への問い合わせは、そのお客さんとの最初のコンタクトです。

そこでお店に呼び込まなくてはいけません。

けれど、お客さんにとって、電話をかけるというのはハードルが高いもの。

スポンサーリンク

電話代と時間をかけて、電話をくれるのです。

ありがたいことです。

そのとき、電話番号がわからなかったり、間違えてしまえば、電話しようという気が萎えてしまうかもしれません。

そうならないよう、広告やHPのわかりやすいところに電話番号を記しておきましょう。

できれば、電話番号は覚えやすい番号にします。

語呂合わせがベストです。

簡単に覚えられれば、番号がわかるからと少しは気軽に電話をかけてくれるはず。

電話番号は本来はランダムで振り分けられるものですが、語呂が良い番号などは、専門業者によって売買されています。

もし番号を変えたければ、業者に良番がないか聞いてみましょう。

ある程度は無理やりでも、語呂合わせできる番号があるかもしれません。

ちなみに、最近はお店の番号も携帯電話を使っているところがあります。

いつでも出られて効率的かもしれませんが、お客さんからしたら敬遠されてしまいがちです。

携帯電話にかけるのには電話代が高くなる可能性もありますし、ちゃんと電話を引けないような適当なお店なのかな?と思われてしまうようです。

お店の電話番号は固定電話で、覚えやすい語呂合わせの電話番号にすることが、商売繁盛にも繋がるのです。

関連記事(一部広告含む):