黒いダルマで商売繁盛

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

禅宗の開祖である達磨大師。

その姿を模したと言われているのが、赤いダルマです。

赤い張子で作られていて、目が白目になっています。

片方の白目に願いを込めて黒目を入れ、叶えばもう片方に黒目を入れます。

願いが叶えば感謝の気持ちを込めて奉納します。

基本的に、効果は一年と言われています。

そのため、叶わなかったとしても一年で奉納し、新たなダルマを購入するようにしましょう。

赤色は古来から魔除けの色とされ、達磨大師も赤い衣を好んで着ていたそうです。

スポンサーリンク

その大師の衣からダルマも同様に、赤い色で作られていました。

しかし、昭和以降になると、様々な色のダルマが作られるようになります。

各地のダルマ市や初詣の出店などでは、赤色だけではなく、金色や白いダルマなども見かけるでしょう。

有名な高崎ダルマでは、各色には意味があります。

商売繁盛を祈願するなら、黒いダルマを選びます。

黒色は置かれた場所に金運を招き、それを安定させる力があるのだそうです。

さらに黒字を招くとも言われているので、商売にはもってこいです。

お店に置いておけば、きっと商売も上手くいきます。

黒いダルマに商売繁盛の願いを込めて、目を書き入れましょう。

きっとその願いが叶って、もう片方の目を入れられる日が来るはずです。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク