キリスト教の先祖供養

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

キリスト教には、先祖供養という考え方がありません。

先祖を敬うことはしますが、拝むようなことはないのです。

キリスト教では、神様はキリストのみです。

崇拝してしまえば、亡くなった人が神格化してしまいます。

それはキリスト教のような一神教では許されないのです。

お墓参りという行為も存在しますが、決して重要視はされません。

亡くなった人は神の元で安らかに暮らしている、と考えられています。

そのため、お墓参りでは故人に思いを馳せ、神様に感謝の気持ちを捧げるのです。

また、お墓や亡骸も重視されていません。

スポンサーリンク

キリスト教の国では、例えば海で船が事故にあって沈んでしまった際、遺体を必要以上に回収しません。

もう亡くなってしまえば、それ自体にはあまり意味がないと考えるからです。

仏教に親しむ人には、それが不思議に感じます。

逆に、キリスト教の人からすれば、お墓や亡骸にこだわる気持ちがわからないでしょう。

そのように、キリスト教と先祖供養とは、相容れないものなのです。

ただし、キリスト教で大事なのは、人を愛することです。

聖書の中に「あなたの父と母を敬え」という言葉があります。

それは先祖を敬い、思いを馳せることです。

先祖供養とは違いますが、あなたや故人がキリスト教なら神に感謝し、先祖を敬いましょう。

それがキリスト教なりの先祖供養なのです。

こんな記事も読まれています: