明治神宮のパワースポット!清正井

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

東京の都心の真ん中にある明治神宮。

原宿・代々木にありながら、70万平方メートル、東京ドーム約15個分という敷地を誇ります。

そこに入ると、神宮までの広い参道から既にパワーを感じるでしょう。

約10万本の木々が茂り、都心でありながら緑の力を感じられます。

その木々がもたらすパワーに加え、ここは立地的にも良い気が集まる場所とされているのです。

富士山の気が流れる龍脈上に、明治神宮が位置しているからです。

そんな中でも、特にパワーがあると言われているのが清正井(きよまさのいど)です。

スポンサーリンク

江戸時代の武将、加藤清正がこの井戸を掘ったと言われています。

清正井は毎分60リットルの水が枯れることなく湧き出ています。

ここに特に良い気が集まっているのです。

近年、それがテレビで紹介され、写真を携帯の待ち受けにすると良いと皆が殺到しました。

人気があり過ぎて整理券が配られたり、数時間待ちになることもあったほどです。

今はそこまでではありませんが、それでも休日などは多くの人が訪れます。

良い気を集めている清正井ですが、実はその気は移ろいやすく、午後二時を過ぎると悪い気になってしまうのだそうです。

訪れるならそれまでに行くようにしましょう。

また、ご神木である夫婦楠や、大きな石の亀石もパワースポットとされています。

明治神宮でパワースポットを巡ってみてはどうでしょうか。

ただ、パワースポットだけではなく、ちゃんと本堂にも参拝してください。

本堂にだってもちろん、大きなパワーがあるのですから。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク