初詣でお神酒を授かる

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

初詣に行くと、神社によってはお神酒が振る舞われます。

お神酒とは、神様に供えたお酒のことです。

神社で参拝するとき、そこは非日常の世界です。

心身を清め、神様に会うのですから。

そこから日常の世界に戻る際、『直会』という儀式を行います。

これは、神様に供えたお神酒や食事などを体内に入れ、神様の力をお腹に入れて帰るのです。

スポンサーリンク

そうして日常の世界に戻るのです。

直会は社頭参拝の初詣では改まって行いませんが、そういった意味でお神酒が振る舞われる神社もあるのです。

枡や杯でいただくお神酒は、それだけでも厳かに感じられます。

体の中が清められ、力が湧いてくるようにも感じるでしょう。

お神酒に使われるお酒は、清酒や濁酒が主です。

それらは、以前は神社で自家醸造されていました。

しかし、酒税法の規制改定のため、免許を持たない神社は製造できなくなってしまったのです。

それでも自家醸造にこだわる神社では、免許を取得して今でも作られています。

ただ、最近ではあまりお神酒を振る舞う神社はなくなってきました。

飲酒運転防止のためです。

その流れは仕方のないことかもしれません。

それでもお神酒は初詣に必要なものと考える神社もあり、お神酒を瓶に詰めて渡しているところもあります。

家でお神酒を戴けるのですから、運転も気にせずに神の力を体内に入れることができますよね。

初詣でお神酒を授かったら、厳かな気持ちで頂戴しましょう。

関連記事(一部広告含む):