神社で願い事はNG?

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

神様に私利私欲の願い事をしてはならない。

そのように考えている人もいます。

日本人の多くは無宗教ですが、ちゃんと信仰している人はこのように思う人が多いようです。

確かに、神様を信仰している人は、『宝くじで3億円当たりますように』などと神様にお願いしないでしょう。

『なるべく良い大学に入れますように』『美人な彼女ができますように』というような私欲の願い事はしないはずです。

そのようなものではなく、『日々、幸せに暮らせますように』『皆が笑顔でいられますように』と神様に願うのが本来の信仰です。

スポンサーリンク

ですから、そこから逸れた『自分だけが良ければいい』という私利私欲の願い事は、神様は叶えてくれない、というのです。

神様への祈りというのは、願い事を聞いてもらうものではありません。

本来は日々の感謝、後悔や懺悔、そして努力を誓うものです。

神様への参拝は、まずはここに来たということ、そして日々の生活を報告します。

お陰様で無事に生活できていると、感謝の気持ちを伝えるのです。

そして拙い自分ですが、今後とも頑張っていくので見守っていてください、とお祈りしましょう。

それが本来の参拝なのです。

ただ、願い事をしてはいけない、ということもありません。

感謝や誓いを伝えた後、大きな欲をかかない程度で、祈願をします。

ささやかな幸せを願う分には、構いません。

神社で祈願する際は、厚顔な願い事をするのではなく、感謝の気持ちと共に慎ましく祈願するようにしましょう。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク