初詣の願い事の作法

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

新しい年を迎えると、多くの人は初詣に行きます。

中には寺社への参拝は年に一度、初詣だけ、という人もいるかと思います。

その際、新しい一年の願い事を祈願するでしょう。

寺社によって異なりますが、基本的な作法ぐらいは覚えておかなくてはいけません。

まず境内に入る前に、一礼します。

神社の場合は鳥居に、お寺の場合は山門に軽くでいいので一礼して入りましょう。

参道の中心は神様が歩く場所とされているので、なるべく避けて、端を歩くようにしてください。

スポンサーリンク

境内には手水舎があります。

ここで身を清めます。

まず右手で柄杓を持って水を汲み、左手を清め、持ち替えて右手を清めます。

再び持ち替えて右手で柄杓を持ち、左の手のひらに水を受けます。

その水で口をすすぎます。

そして柄杓を縦にして柄に水を流し、元に戻すのです。

正式な作法は知らない人も多いので、注意してください。

神前では、神社の場合、まず軽く一礼し、賽銭を奉納し、鈴を鳴らします。

賽銭は本来は投げるものではないので、軽く入れるようにしましょう。

そして、二度礼をし、二回拍手を打ち、ここで祈願します。

最期に深く一礼して終わりです。

よく言う、二礼二拍手一礼です。

お寺の場合は軽く一礼し、賽銭を奉納、鈴を鳴らすところまでは同じです。

この後に胸の前で手を合わせて祈願し、一礼して終わりになります。

基本的な作法を抑えておけば、祈願に集中できるでしょう。

境内を出る際にも一礼を忘れないようにしてください。

その作法や礼儀を、きっと神様も見ているはずです。

礼儀正しくしていれば、それだけ願いが叶いそうに思えてきますよね。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク