痛いの痛いの、飛んでけ~

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

子供の頃、どこかをぶつけたりして痛がって泣いていたりすると『痛いの痛いの、飛んでけ~』と母親などに言われませんでしたか?

打った箇所をさすってくれて、痛みをどこかに飛ばそうとしてくれていました。

それで不思議に泣き止んだり、痛みが和らいだりしました。

迷信のように思えますが、このさするという行為に実は秘密があるのです。

さするという行為には、傷ついた神経回路を修復する効果があるというのです。

スポンサーリンク

痛めてしまった神経を回復させる効果があり、その結果、痛みが和らぎます。

どこか痛いときに無意識でその部位をさするのは、そういう意味があったのです。

さらに、心理的にも意味があります。

触れられることで、子供は親の愛情を再確認します。

痛みに対する不安が、愛情の安心感で和らぐのです。

その安心感が間接的に、痛みを和らげてくれるということです。

そうして身体的にも精神的にも、痛みは飛んでいっているのですね。

ちなみに、痛みはどこに飛んでいっているのでしょうか?

『遠いお山に飛んでけ~』や、『お空の向こうに……』と言う地方もあります。

何故か山が多く、その地域の有名な山に飛ばすことが多いようです。

山は我々の痛みを吸収してくれると思われていたのでしょうか。

山の麓などに住んでいたら、痛みが飛んできて危険ですよね。

こんな記事も読まれています: