職人とはプロフェッショナルであることを忘れないように

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

伝統工芸や日本文化を継承した職につきたい、と願う人は多くいます。

しかし実際に作業の困難さや給与、収入の低さを目の当たりにすると大抵の人は尻込み、諦めてしまいます。

きっと、そういった人たちは最初から過度な妄想や期待を抱いているから諦めてしまうのでしょう。

後継者不足から消え行く伝統工芸の職種がある反面、工房の主催者が新しい発想で現代に即した商品を開発、また若年層でも真剣に取り組んでいる人がいるのも事実です。

そういった継続をしている人たちも、最初はキツい労働条件に耐えてきました。

スポンサーリンク

職人とはプロフェッショナルな人たちのことです。

つまり実力次第。

安易な考えでは誰も助けてくれないし、技術を習得することもできず、結局、中途半端なまま終わってしまいます。

しかしわずかの期間、凝縮された時間を過ごすことによって自分に自信が持て、しかも想像力と技術力次第では名声と富を得ることもできます。

福利厚生も退職金もありませんが、一度、収入を得られる流通経路を持てば定年退職もなく、動けなくなるまで働くことができます。

転職は人生の大きな岐路ですが、腕に職を持つということ、日本文化を絶やさず継承していくということは人生を賭けるに相応しい仕事であることは間違いありません。

抱いている夢、風化させて後悔する前にチャレンジしてみませんか?

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク