就職活動のメイクで気を付けるポイント

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

今は、高校生もメイクする時代。

キレイな女の子が多くなったイメージもありますが、高校生のメイクと、就職している方のメイク、というものは全く違います。

最近はあまりうるさくなくなったようですが、就職の際に、ラメの入ったアイシャドウなどはいけないとか、ナチュラルメイクで、というように、企業側からメイクの仕方、というようなものを指導された、という方もいます。

化粧品販売の美容部員といった特殊な環境の方は、その販売するお化粧品の最新のメイクをしている、というのが通常でしょうけれど、オフィスで、最新メイク、というのはどうでしょう。

スポンサーリンク

やはりナチュラルメイク、というのが一番良い感じに写ると思います。

目のアイラインをぎゅっと入れ、付けまつ毛をしっかりつけ、元の顔がわからない、というような「学生メイク」で就職活動をしても、あまりよい印象は与えないでしょう。

学生のメイクは学生のメイク。

やはり社会人として、人に不快感を与えないメイク、というのが必要になってくるでしょう。

又ノーメイクという方もいらっしゃいますが、これは失礼に当たります。

職業にもよると思いますが、ファンデーションにリップ。

これくらいのお化粧をしていくのが、相手に対しての礼儀になります。

こんな記事も読まれています: