子を授かるアファメーションの言葉

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

結婚しても、なかなか子宝に恵まれないという人もいるでしょう。

病院に行って調べてもらっても、特に問題はない。

或いは不妊治療を行っているけれど、あまり自信が持てない。

そのような人は、アファメーションを使うといいでしょう。

体に問題がなくても、精神的に不安があれば、それは体に現れます。

その不安が、原因になっているかもしれないのです。

また、実際に不妊治療を受けている人なら、気持ちが助けにもなります。

子供が出来ると思えば、辛い不妊治療も前向きに行えるでしょう。

スポンサーリンク

『病は気から』と言うように、『できないかも』という不安が、子宝を遠ざけているのです。

産まれてくる、可愛い子供を思い浮かべましょう。

年齢などに不安があるなら、自らの体に『大丈夫』『まだ若い』と話しかけるのです。

きっと、体は応えてくれるはずです。

アファメーションは、子宝にも効果があるのです。

アファメーションの言葉を額にします

■子を授かるためのアファメーション例

・私たちの子供は可愛い

・私の卵巣の年齢は若返っている

・私の体は妊娠する準備をしている最中だ

・私は既に元気な子供がお腹にいます

・私は三人の子供の親だ

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク