スペインの厄払いの話

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

スペインにも厄年はあります。

男性は24歳と44歳、女性は13歳と33歳です。

厄払いのために、まずは親戚や友人を集めます。

そしてその人々が見守る中、年の数だけの馬肉片を食べます。

食べた後は一晩中、歌い、踊り明かすのです。

陽気なスペインらしい厄払いですよね。

スポンサーリンク

それにしても、年の数だけの馬肉片、なかなか大変な気がします。

最大で44回も食べなくてはいけません。

節分の豆よりも胃に重いでしょうし。

豆でも44個も食べるのはなかなか大変です。

そういえば節分の豆も厄払い的なものなので、通じるところがあるようです。

スペインのある村ではエル・コラチョという400年以上も続く行事があります。

これはカトリックの聖体祭に行われ、悪魔に扮した人が赤ん坊の上を飛び越えるという行事です。

数名の赤ん坊がマットに寝ているところを、悪魔が走ってきて飛び越えるのです。

少し危険にも思えますが、悪魔が飛び越えることで赤ん坊の厄を払えるのだそうで、厄払いの儀式の一つなのです。

悪魔は見物人に悪さをしたりもするものの、誤って踏んでしまうことはもちろんなく、厄を払って元気に育つようにとの願いが込められているのです。

子供の厄を払ってほしいと願う親心は、どの国でも同じなのですね。

こんな記事も読まれています: