多種多彩に派生したウェディング形式

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

ホテルや結婚式場のワンパターン的結婚式を選択肢から外した新婚カップルが、新たに選ぶ結婚式は2通りに分かれます。

1つは同等予算でオリジナル色を強める方向。

1つは予算削減方向。

ホテルや結婚式場の結婚式を選ばない理由として、どの結婚式も同じに見えて魅力がない、という声が多いことから、ブライダル業界はホテル・結婚式場という巨木単種からハウスウェディング、レストランウェディング、チャペルウェディングなど、多彩な種が派生しました。

同等予算でオリジナル色を強めたいという願望を持つ新婚カップルは今、これらの結婚式形態を選ぶ傾向にあります。

もっとも、これら派生したウェディング形式もピンからキリまであり、予算削減方向に向いた一部も流入しています。

スポンサーリンク

日本の結婚式は戦後に入って神前結婚式を行い、その後は披露宴で洋式パーティを行うというハイブリッドになりましたが、現在は単純な2異種混合ではなく、さまざまな要素が入り組んで多発したカンブリア紀の生命大爆発のように、自由なコンセプトによるウェディング形式が広がり始めています。

もっとも、カンブリア爆発は生命の可能性すべての種が発生し、その後、種が環境に淘汰されたという現実があります。

これらのウェディング形式、果たしてどれだけ種の保存ができるのか、現時点では定かでありません。

関連記事(一部広告含む):