土器を投げよう!竹生島神社

竹生島神社は安芸の厳島神社、相模の江島神社と並び、日本三大弁財天の一つとされています。

6月には江島神社と厳島神社の神官を迎え、三社弁財天まつりが行われます。

御祭神は、市杵島比売命(いちきしまひめのみこと/弁財天)、宇賀福神(うがふくじん)、浅井比売命あざいひめのみこと(産土神)、龍神とされ、古くからこの地で信仰されてきました。

ご利益にはいろいろあるようですが、商売繁盛でも有名です。 続きを読む 土器を投げよう!竹生島神社

今宮戎神社の十日戎

毎年、年明け1月9にちから11日まで行われる十日戎。

テレビなどでも中継がありますが、昔から行われている関西を中心とした非常に盛大な商売繁盛の行事です。

多くの芸能人やスポーツ選手など著名な方々が集まります。

ここでは、福笹を授与してもらえます。

毎年、この3日間で百万人を超える参拝者が商売繁盛祈願に訪れるといいます。

福笹、この笹がなぜ、商売繁盛祈願に利用されるのか?といいますと、笹は非常に生命力が強く、古くから神事に利用されてきたことが由縁のようです。 続きを読む 今宮戎神社の十日戎

源頼朝がお告げを!宇賀福神社

この神社には、源頼朝が深くかかわっています。

巳の年、1185年、文治元年、巳の月、巳の日、源頼朝が夢を見ました。

その夢は宇賀福神がでてきて、「西北の谷にわき出す冷水で神仏を供養せよ、天下は泰平になるであろう」という夢だったといいます。

その夢を見た源頼朝は、その場所に行ってみました。

すると、本当にそこに霊水が湧き出していました。

そこで源頼朝は、宇賀福神がいったとおりに、祠を建立、宇賀福神を祀ったというのです。

それが、宇賀福神の始まりと言い伝えられています。 続きを読む 源頼朝がお告げを!宇賀福神社

銭洗いの品川神社

東京都品川区北品川にある品川神社は、銭洗いの神社として有名です。

日本各地、いえ、世界各地に、銭洗いのスポットがありますが、この品川神社の境内にも、恵みの霊を祀る阿那稲荷神社という神社があるのです。

阿那稲荷神社は上社、下社の二社制です。

上社には、天の恵みの霊、下社には地の恵みの霊が祀られているそうです。

この下社、地の恵みの霊が祀られているところに、一粒萬倍の泉、という霊水がわいているのです。 続きを読む 銭洗いの品川神社

大阪水かけ地蔵の法善寺

大阪の中央区灘波にあるのが、1637年、寛永14年に創建されたという法善寺です。

しかし、第二次世界大戦の空襲によって法善寺の本堂が焼けてしまって、現在は、焼け残った西向不動明王を中心として建てられた金毘羅天王、お初天神が再建されています。

大阪は商売の街ですね。

商売繁盛の活気ある街、人も街も元気いっぱいというイメージがあります。

不況の波を受けて、大阪でも老舗などが店を閉めることも多くなっていますが、こういった不況の世の中のせいか、不動明王さんに訪れて、商売繁盛祈願を行う方が多くなっているようです。 続きを読む 大阪水かけ地蔵の法善寺

みんなの願い事