願いを叶える、しばられ地蔵

この南蔵院にはこんなお話があります。

呉服問屋の手代が荷車に反物を満載にして、南蔵院の前を通った。

そこで一服しようと境内に入りひと眠りしてしまい、目を覚ましてみると荷車がなくなっていて、青くなって番所へ行った。

大岡越前守の直々のお調べが始まり、寺の門前に立っていた地蔵に対し、寺の門前にいながら、泥棒の所業を黙って見ているとは地蔵も同罪! 続きを読む 願いを叶える、しばられ地蔵

芽の輪くぐり神事で就職祈願

千葉天神の三大特殊神事は、通りぬけ神事、うそかえ神事、芽の輪くぐり神事がありますが、このうち、芽の輪くぐり神事は職務無事遂行、出世、ぼけ封じなどに効果あり、の神事なのだそうです。

芽の輪をまわって天神様詣でをし、その知恵を頂こうというのが、この芽の輪くぐりなのです。

やはりどこのこういった神事でも、以前とは違って不況のあおりから、就職できなかった若い方々や、リストラされたお父さんたちが、祈願にやってくる、という状態のようです。 続きを読む 芽の輪くぐり神事で就職祈願

神田明神で開運招福

神様にお願いごとを取り次いでくれるというのが、神田明神です。

東京の中心、神田、日本橋、秋葉原、大手丸の内、築地市場など、108町会の総氏神様ということで、明神様と親しまれています。

御祭神の中の二之宮少彦名命(すくなひこなのみこと)は、えびす様、商売繁盛の神様です。

以前は商売繁盛ということで、祈願者が多かったようですが、現在は、就職難ということもあり、良い就職に恵まれますように、という祈願者が多くなっているようです。 続きを読む 神田明神で開運招福

就職祈願は出世稲荷に

出世した歴史上の人物というと、やはり豊臣秀吉が浮かびます。

秀吉は幼い頃から、稲荷五社を信仰し、五社の神、五柱の神様が大活神として守護してくれるように祈っていたそうです。

豊臣秀吉は天下統一を果たした人物。

もちろん、秀吉自身の努力もあって天下統一となったのですが、関白太政大臣の座に就いた時、聚楽第の造営の際に稲荷五社を勧請したのです。 続きを読む 就職祈願は出世稲荷に

豪徳寺で就職祈願

豪徳寺は招き猫発祥の地ということで、就職や合格、また商売繁盛の祈願を行なう方が訪れます。

ケースに飾られた招き猫は可愛い顔をして、いかにもいい福を招いてくれそうです。

奉納された招き猫たちの大群は、本当に圧巻です。

こんなにたくさんの招き猫は見たことがないと思うくらい、たくさんの数の招き猫が奉納されています。 続きを読む 豪徳寺で就職祈願

みんなの願い事