笑って厄落とし!

厄年には、慎重になってしまって、顔も強張ってしまいます。

悪いことが起こらないかと、構えているでしょう。

いつ来るかもわからない厄に備えて、常に気を張ってしまうのもしょうがありません。

確かに災厄には備えておく必要があります。

しかし、そのように緊張状態を続けていては、心身ともに疲れてしまいます。

そしてそれが災厄を呼んでしまうことだってあるのです。 続きを読む 笑って厄落とし!

水をまいて厄落とし!

昔は、夏になると打ち水をしている風景をよく見かけました。

暑いさなか、家の前の道路に水をまくと、それが気化して少し涼しくなります。

ただ、最近では温暖化によってまた見直されてきたとは言え、一昔前よりも見なくなりました。

打ち水は周辺の温度を下げ、さらにほこりをも抑えてくれます。

それだけで家の前が綺麗になります。 続きを読む 水をまいて厄落とし!

厄年は役年から?

厄というのは、神事に司る『役』から来ている、という説があります。

元々は、厄年とは晴れの年齢と考えられ、おめでたいものでした。

女性の33歳、男性の42歳は本厄と言われていますが、この年齢は地域でも一定の地位に達した年とされていたのです。

年を重ねて立派な大人の仲間入りです。

そして氏神神社の行事に参加することになります。 続きを読む 厄年は役年から?

厄を呼ぶ物を捨てて厄を除ける

家や部屋の中は、綺麗に片付いていますか?

厄は何も人だけに積もるわけではありません。

家の中でも、ほこりと同じように積もってしまいます。

ですから、掃除を怠らず、綺麗に保つようにしましょう。

掃除機をかければ、厄も一緒に吸い込んでくれるはずです。

掃除をする、綺麗に保つ、ということだけで厄を除けられるか、と言えばそうではありません。 続きを読む 厄を呼ぶ物を捨てて厄を除ける

厄を払うのは掃除と同じ

厄というと、突然降りかかってくるようなものを想像する人が多いのではないでしょうか。

確かに何の予兆もなく、急に来るのが災いかもしれません。

しかし、実は予兆もあって、それに気付いていないだけということもあります。

厄は急に降りかかるもので、防げないもの。

そう思っていては、本当に防げないでしょう。 続きを読む 厄を払うのは掃除と同じ

みんなの願い事