バングラデシュの恋のお守り「ミャー人形」

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

バングラデシュには麻ひもで出来た人形があります。

プードゥー人形のようにポップではありませんが、同じようにひもで出来た人形です。

麻で出来ているので、一見すると小さなわら人形のように見えます。

しかしよく見ると、左胸に赤などの毛糸が付いています。

そうです、それは心なのです。

スポンサーリンク

いびつですが、よく見るとハート型をしています。

そのハートが示すように、ミャー人形は恋愛に特化したお守りなのです。

片思い中の人は、この人形を肌身離さずに持ち歩き、その人形に好きな相手の名前を付けて呼んでいると、その思いをミャー人形が伝えてくれて、恋が叶うのだそうです。

また、カップルはそれぞれが1体ずつ持っていると、その絆がより深まる、と言われています。

『ミャー』というのは、バングラデシュでは恋人を呼ぶときに使う言葉なのだそうです。

日本語で言うと『ねぇ』とかでしょうか?

甘えた口調で言うような感じがしますね。

ちょっと猫っぽいですし。

ミャー人形の持つハートは、人の心を繋いでくれるのです。

願いが叶う!おまじないの話

恋と仕事のおまじない館

関連記事(一部広告含む):