進化するタイの願掛け人形!プードゥー人形からポクポンへ

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

タイの東北部のイーサン地方に古くから伝わる願掛け人形『プードゥー人形』。

毛糸がぐるぐると巻かれた大きな頭が特徴で、見た目が可愛く人気があります。

手足も針金に毛糸をぐるぐると巻いていて、様々な色があります。

その色によって願いが変わるのだそうです。

白だと包帯をぐるぐる巻いているミイラ男のようですね。

スポンサーリンク

元々はそのように単色のシンプルなお守りでした。

しかし近年、この人形を現代風にアレンジし、『ポクポン』という名前のお守りが流行っています。

現代風に服を着せたり、髪をつけたりアレンジしたりして、何百種類もあるのだとか。

雷様のようなものや、悪魔の姿をしているもの、頭がきのこのようになっていたりと、もう元来の姿を思い出せないようなものもあります。

それでもそれらには全て意味があり、その種類の数だけ様々な願いに対応しているのです。

ポクポンを初めて見ても、お守りだとは思わないでしょう。

可愛いポップな人形としか思えません。

それが現代風にはいいのでしょう。

『ちょっとお守りとかって、古臭くない?』

と思うような若者には。

お守りも進化をするのですね。

関連記事(一部広告含む):