願い事が叶うのは新月?それとも満月?

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

月には神秘的な力があると、昔から思われてきました。

その力は願い事を叶えてくれるとして、月に向かって願い事をする人も多くいます。

月は新月から満月を経て、再び新月へと戻っていきます。

では、月に向かっての願い事は、いつするといいのでしょうか?

新月は、これから始まる、スタートの月です。

何かを始めるにはちょうどいいでしょう。

月が満ちていくように、自らの願いも満ちていくように感じます。

新月にはアファメーションと呼ばれる願い事をするといいとされています。

スポンサーリンク

アファメーションとは断定する願い事で、例えば『大学合格したい』というのではなく、『大学合格する!!』と断定するものです。

弱気な願望ではなく、強気にポジティブに言い切ることで、その言葉の力を得られるのです。

新月の夜は、見えない月に向かって、アファメーションを唱えてみましょう。

月の光には浄化作用があると言われています。

そのため、満月はパワーストーンの浄化に適しているのだそうです。

また、満月はそれまで溜めたものの積み重ねです。

今までの自分を変えたい、何かを捨てたいという願いなら、満月の夜にするといいでしょう。

そうすれば、月の欠けていくのと共に、自分の中のいらないものも浄化できるのです。

また、満月は金運アップにも効果があるそうです。

新月も満月も、どちらも神秘的な力を持っています。

その神秘的な力で、願い事を叶えましょう。

関連記事(一部広告含む):