太陽の光を浴びて健康に

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

太陽の光を浴びないと不健康になります。

北極圏などで白夜の反対に『極夜』という太陽が一日昇らない日があります。

この時期が二ヶ月続く地方もありますが、その時期には女性の月経が止まったり、男性は性欲が減退するのだそうです。

太陽光を浴びないために、ホルモンの影響が出ているのだそうです。

それだけ、太陽の光は必要なのです。

スポンサーリンク

また、太陽が出ている時間が少ない冬などには鬱病になる人が多く、季節性鬱病と言われています。

太陽の光を浴びることで、ビタミンDという成分が体の中で作られます。

日中、皮膚が紫外線を浴びることで、形成されます。

ビタミンDは血液中のカルシウムの維持や、骨密度の維持に欠かせないものなのです。

他にも脳内では記憶力などを保ち、ボケ防止にも役立ちます。

さらに高血圧や心臓発作、糖尿病などの予防にも繋がり、ガンさえも予防する力があるのです。

何かを摂取するのではなく、太陽の光を浴びるだけで作られるのですから凄いですよね。

太陽光で作られるため、太陽ビタミンとも言われています。

しかし近年、このビタミンDが不足している人が多くなっていると言うのです。

夜型の生活リズムや、太陽光を浴びないようにする、日焼け止めクリームなどの使用などが原因のようです。

もちろん、あまり浴びすぎるのは逆効果になってしまいます。

週に3日ほど、1日に約15分間の日光浴で十分です。

日差しが強い時間に日焼け止めを塗らずに、肌の4割程度をさらすぐらいで日光浴をしましょう。

それぐらいなら気持ちよく日光浴ができるのではないでしょうか?

それで十分なビタミンDが形成されるのです。

太陽の光を浴びて健康になりましょう。

こんな記事も読まれています: