合格、不合格だけで人生が決まるものではない

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

受験は大きな節目です。

その合格・不合格で人生が変わってくる場合もあります。

しかし、それは節目であって、全てではありません。

合格したから人生バラ色とか、不合格だから人生終わったとかそういうことではないのです。

合格して希望の大学に行ったからと言って、その大学で何をするのかで随分とその後の人生は変わってきます。

希望していない大学に進んでしまっても、そこで何をするかで十分にリカバリーできるでしょう。

スポンサーリンク

結果だけが全てではありません。

受験で大事なことは、いかに納得できたか、です。

結果はどうあれ、十二分に力を発揮できれば、後悔のないようにできたのならそれでいいのです。

合否を気にするよりも、いままでつけてきた力を全て発揮できるように気をつけましょう。

そうでないと後悔してしまいます。

たとえ不合格だって、後悔がなければちゃんと前へ進めます。

全力を出し切ったと思えたら、それは必ず将来の糧になるでしょう。

きっと、結果は後からついてきます。

今までの成果を発揮できずに不合格になるのが、一番悔しいはずです。

全力を出し切るつもりで、余力を残さないぐらいに。

そうすれば結果はさておき、納得することができるでしょう。

合格、不合格だけで人生が決まるものではないのですから。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク