鮑・栗・昆布で試験に合格

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

勝負事に臨むとき、よく食べられるものがあります。

カツです。

敵に勝つ。

己に勝つ。

そんな意味でカツやカツ丼はよく食べられます。

しかし、あまり油っぽすぎると胃がもたれることもあるかもしれません。

前日の夜ならまだしも、当日の朝などだとなかなか厳しいでしょう。

スポンサーリンク

しかも大学の受験は連日になることも多々あるので、そういうときは連日のカツになってしまいます。

たまにならいいですが、連日だと辛いですよね。

胃が弱い人にはたまったものじゃありません。

げんを担ぐ食事というのもいいのですが、胃には優しいものにしましょう。

大事な受験、体調は万全で臨みたいですからね。

カツ丼で胃がもたれてしまったときは、大根を食べましょう。

大根の中にジアスターゼと呼ばれる成分が入っていて、これは胃もたれや消化不良を解消してくれる酵素なのです。

また、当日の朝は胃に優しくて、力になるものがいいですよね。

おかゆやうどん、バナナなどが消化も良く胃にも優しいです。

古来、戦場に行く出陣式では『打ち鮑』『勝栗』『昆布』を食べていました。

これは『敵に打ち勝ち喜ぶ』という意味があったのだそうです。

カツよりも胃に負担がかからなくていいかもしれません。

関連記事(一部広告含む):