良縁を招く前に悪縁を断ち切る!大阪鴫野神社

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

大阪にある鴫野神社。

生國魂神社の境内にある末社の一つです。

元々は大阪城の東、鴫野の地に鎮座していて、淀君が崇敬した神社でした。

淀君の死後、大阪城で異変があり、淀君の祟りではないかと鴫野神社に淀君の祠が建てられました。

それが明治時代に生國魂神社内に遷座されたのです。

現在も女性の守護神として、崇められています。

生國魂神社の境内にひっそりとたたずむ鴫野神社ですが、淀君が崇敬していたということで訪れる人が多くいます。

スポンサーリンク

社殿には二つの大きな提灯がかかっています。

一つには大きな字で『縁』と書かれています。

もう一つには『心』と赤字で書かれていて、それと共に鍵の絵が描かれているのです。

心に鍵をするということで、縁結びの力があるそうです。

さらに良縁を招く前に、悪縁を断ち切るというご利益もあります。

絵馬も同じ『心』に鍵をした図柄になっています。

良縁を招けば相手の気持ちが変わらないように鍵をかけ、悪縁を絶つときは自分の心が乱れないように鍵をかける、という意味でしょうか。

そのインパクトのある柄は、悪縁を絶ちたいという願いを叶えてくれそうな気がしてきます。

関連記事(一部広告含む):