悪縁切りのかわらけ!茨城大杉神社

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

茨城県の大杉神社。

ここは、日本唯一の夢むすび大明神と呼ばれています。

常陸坊海存という男が、社僧としてこの大杉神社で数々の奇跡を起こしました。

その姿は巨体で紫髭、碧眼、鼻高と人間離れした風貌でした。

そのことから、常陸坊海存は天狗ではないかと噂になり、この神社では天狗が信仰されることになったのです。

海存が奇跡を起こしたことから、天狗は願いを叶えてくれるとされ、夢むすび大明神と呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク

夢むすびとは、『幸せになりたい』というような抽象的な夢ではありません。

『○○歳で結婚して、○○歳までに子供を産んで、幸せな家庭を築きたい』というような、具体定な夢を願うのです。

そこに向かって進む意志に、神様が力を授けてくれるのだそうです。

そんな大杉神社の中に、悪縁切りのかわらけがあります。

かわらけとは土器のことで、小さな素焼きのお皿です。

切りたい人間関係がある人が、このかわらけを求めます。

そして『我念う 君の心は離れつる 我も思わじ 君も思わじ』という言葉を唱えながら、かわらけを割ります。

粉々になった欠片を斎庭に納めると、その悪縁が切れるのだそうです。

かわらけは悪縁そのもので、それを割れば気持ち的にも少し爽快な気持ちになれるでしょう。

お互いに窮屈だったり、煩わしく感じている関係は、悪縁です。

かわらけと共にその悪縁を叩き割って、良縁を招き入れましょう。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク