一富士、二鷹、三茄子

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

初夢で見ると縁起が良いと言われている一富士二鷹三茄子。

初夢は、通常その年の最初に見る夢と言われています。

明けてすぐ、一日の午前中に見るように思っている人が多いですが、一般的には一日の午後から二日の午前にかけての夜に見る夢です。

大晦日から元日にかけてはあまり寝ないようになったことと、元日に縁起の良い七福神の絵が売られ、それを枕の下に敷いて寝ると良い初夢が見られる、と信じられたことから二日が一般的になりました。

一富士二鷹三茄子、初夢の中にこの三つが出てくると縁起がいいと言われています。

スポンサーリンク

一説によると、徳川家康が地元駿河の名産を並べたとも言われています。

しかし、よく言われるのはこの三つだけで、本当はもっとあるのを御存じですか?

一富士二鷹三茄子の後には、こう続きます。

四扇五多波姑(たばこ)六座頭。

と六まであります。

これらが全て夢に出てくると最強です。

また、四葬式五雪隠(せっちん・便所のこと)という説もあります。

他にも火事という説もあったり。

どうせなら、これらも抑えておきましょう。

富士、鷹、茄子、扇、多波姑、座頭、葬式、雪隠、火事。

これが全て出てくれば初夢は最高のものになるでしょう。

……しかし、これら全てが夢に出てきたらどんな夢でしょう?

ちょっとカオスですよね。

想像もつきません。

ま、夢なのでそんなシチュエーションもあり得ないことはないかもしれませんけれど。

こんな記事も読まれています: