流し雛で厄も流す!

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

流し雛という風習を知っていますか?

雛祭りの頃に行われる風習で、その名前の通り、雛人形を川に流すのです。

これは京都の下鴨神社や、佐賀の松原神社など、各地に伝わっています。

この流し雛の風習は平安時代からあり、これが元で雛祭りができたとも言われています。

流し雛は、厄を流すものです。

スポンサーリンク

雛人形に自分の厄を身代わりしてもらって、厄や穢れを払うのです。

そこから、雛人形は災厄除けの人形とされ、守り雛として祭壇に祀られるようになったのだそうです。

江戸時代頃には、一生分の災厄を雛人形に代わってもらうというように、祭礼的意味合いが強くなりました。

それに伴って、今では祭りの面が強く、無病息災を願う儀式として定着しているのです。

形態を変えた今でも、流し雛を行う地域もあります。

最近では人形も水に溶けるような素材で作ったりと、環境にも配慮されています。

佐賀の松原神社の流し雛は、雛に願い事を書いて『願いが叶うように』と流します。

奈良の吉野川では、千代紙でできた雛人形が吉野川から紀ノ川を下って、紀州淡島神社まで流れていきます。

この神社は女性の病や、安産、子宝などの神様で、雛祭り発祥の地とも言われているところです。

他にも全国各地で流れ雛は行われていて、海に流すところや、池に流すところなど様々です。

女性の厄流しという意味合いが強いので、女性の方は雛と一緒に厄も流してしまいましょう。

こんな記事も読まれています: