『平』『吉凶未分』変わったおみくじ

おみくじを引くとき、大吉が出るようにと思いながら引くでしょう。

逆に凶は引きたくありません。

では、おみくじを開けてみて、吉凶ではないことが書いてあったらどうしますか?

変わったものでは『平』というものがあります。

おみくじに『平』と一文字書かれていたら、少し驚きますよね。

これはその字の通り『普通』という意味で、吉凶のふり幅が狭いのだそうです。 続きを読む 『平』『吉凶未分』変わったおみくじ

おみくじの順位はどうなの?

おみくじを引いて大吉だと嬉しくなりますし、凶や大凶だと不安になります。

しかし、小吉や末吉だと喜んでいいのかいまいちわからなかったりもします。

去年は吉で、今年が小吉だと、良くなっているのか、悪くなっているのかよくわかりませんよね。

小吉や末吉はどれぐらいの吉なのでしょうか。

基本的におみくじは『大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶・大凶』の順に並んでいます。 続きを読む おみくじの順位はどうなの?

おみくじの意味を知る

初詣に行くと、おみくじを引く人も多いでしょう。

年の初めの運試しとして、一年を占うために気合も入ります。

どうせなら大吉を引きたいものです。

古来、国の政の重要なことなどを占うために、くじ引きがされていました。

そこに出たのが神の意思とされていたのです。

それが鎌倉時代に、個人を占うものとしておみくじが行われるようになり、今の原型になっているのです。 続きを読む おみくじの意味を知る

除夜の鐘を撞いて新年を迎えよう!

大晦日の夜、遠くから聞こえる除夜の鐘。

鐘の音が厳かに響いてきたら、もう今年も終わりだなあ、と思えてくるでしょう。

除夜の鐘は108回鳴らされます。

基本的にはそのうち107回が大晦日に鳴らされ、年が明けてから最後の1回が鳴らされるのです。

テレビで見る除夜の鐘は、そのお寺の住職さんなどが撞いています。 続きを読む 除夜の鐘を撞いて新年を迎えよう!

みんなの願い事